diet ダイエットについてのページ

kind of the diet food2

ダイエット食品の種類

脂肪燃焼系

無駄な脂肪燃焼させ、スリムな身体を手に入れたいと思う方多くいます。ですがダイエットというものは楽をして簡単に成果が出るものではありません。さらに運動をする時間がないという人は特にダイエット食品に頼りがちになります。ダイエット食品だけに頼ることはよくありませんが、ダイエット食品の手を借りることは悪いこと自体ではありません。身体についた余分な脂肪を燃やすために、ダイエット食品を上手く利用して効果的に脂肪燃焼させることは重要です。ダイエット食品で多く見られる栄養補助食品は、手軽に摂取できることと満腹感を得られることで人気を博しており、こうしたダイエット食品は空腹や間食の欲求などといったダイエットの苦痛を緩和してくれます。また脂肪燃焼に必要な栄養を摂取することによりダイエットを助けてくれるという面も持っています。カロリーを減らすだけでは脂肪燃焼されませんので、必要な栄養素と軽い運動で免疫力を高め代謝を上げて健康的なダイエットを続けていくことが重要です。

 

脂肪燃焼を助ける食品を食事でダイエットの効率をあげることができます。そのためには、どのような食品が脂肪燃焼を助ける食品なのかを知ることが大切です。そしてまた、調理法も合わせて勉強することにより、ダイエット中に必要な栄養素を効率よく摂取できるようになりましょう。キャベツやニンジンは活性酸素を除去する働きがあり、セロリやピーマン、トマトなどミネラルやビタミンが豊富に入っています。こうした野菜をスープにして摂れば、摂取カロリーも減らせますし、お腹いっぱい食べても安心です。

 

満腹中枢系

満腹中枢というものを知っているでしょうか。脳にあるこの満腹中枢が刺激されることによって、人間は満腹だと感じます。この満腹中枢を手っ取り早く刺激するには、よく噛んで食事を取るといいでしょう。早食いは肥満の元になります。ダイエット中ならば1口30回の咀嚼を心がけましょう。例えばダイエット中は硬い食品だけでなく、柔らかい食品も良く噛むようにして下さい。咀嚼することにより満腹中枢が刺激され、少しの食事でお腹がいっぱいになれます。ダイエット中に、どうしてもお菓子の誘惑に負けてしまうという方は、低カロリー食品で満腹中枢を刺激し、空腹を紛らわせてみてはどうでしょう。人間の身体は、胃の中がいっぱいになったからといって満腹だと感じるわけではありません。この、満腹中枢が刺激されて初めて満腹だと感じるのです。
ダイエット食品や春雨などの低カロリー食品で満腹中枢を刺激すれば、少ないカロリーで食事を終わらせることができますのでダイエットに効果的だといえます。満腹中枢は食べてすぐに刺激されるわけでありません。刺激を開始するのは食事を始めて20分程かかると言われています。そのため、満腹中枢が刺激される前に食事が終わってしまうと、まだ満腹ではないと判断されてしまい暴食に繋がります。また、食事の前に低カロリーのダイエット食品や水を摂取することによって血糖値を上げておくということも効果的となります。ゆっくり咀嚼し食事することにより、満腹中枢を上手く刺激して無理のないダイエットを続けることができるでしょう。

pickup

最終更新日:2016/6/16

ダイエットページトップへへ